忍者ブログ
サブジャンルを少年マンガにしたのにタイトルはWiz
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

・学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD 1~3巻
ここ最近買った漫画の中では一番の当たり。
内容としては突然日常にゾンビが出現→噛まれたり傷つけられるとその人もゾンビに→生き残った人々の逃避行→追い詰められた状況で現れる人間の本性とエロス→そしてラブ
というゾンビ(と言うかホラー)のテンプレのような展開。
しかし絵も上手く内容がしっかりしていて濃いので実に充実したゾンビ空間を味わえました。
何気に奥付のところに死んだりゾンビになってしまった人々の在りし日の日常の場面があるのですが、これが地味にグッときます。
ゾンビ映画やエロい絵が好きな人にはオススメ出来るのではないかと。
ところで読み終えて知りましたが原作は皇国の守護者の佐藤大輔さんだそうです。


・皇国の守護者 5巻(完結)
と言うことで漫画版皇国の守護者です。
実にイイところで連載終了。理由はなんだろうなぁ…。
これだけ面白いのに人気がないと言うことはないだろうし、他の漫画の原作を書いたりしているとはいえ、既に既刊が結構あるのだから原作のストック切れを懸念してと言うこともないだろうしなぁ。
とにかく残念の一言。これからも直衛大尉の戦いを見ていきたかった…。まぁそれは原作を読もうと思います。積んでますが。


・まちまち 1巻
かがみふみをさんの新連載(と言ってもこの人の漫画を連載で読んだ事は一度もないのですが)。
背の低い男の子と背の高い女の子の青臭い、実に青臭い恋物語。
絵柄の通りのほのぼのとした話でした。
しかし1巻終了時点でキスもないとは思わなかったなぁ。いや作風としてはそれで正解だと思いますけどね。
ところで俺の本棚のヤングガンガン率とコミックハイ率は異常(ちまちまもコミックハイ)。
もうこの2冊は雑誌を講読してもいい気がしてきました。しませんけど。


・ちゅーぶら!! 1巻
そんなコミックハイからもう1冊。中田ゆみさんは俺の中ではエロ漫画家としてカテゴライズされていたので興味が出て買ってみました(今現在もエロ漫画は描いているようですが)。
中学生の下着漫画…なんかこう書くと実にいかがわしい漫画のように聞こえますが、実際は真面目に思春期の少女と下着について描いています。
まぁそれをもう30近いおっさんがまじまじ読んでいる様は変態の一言に尽きますが。
とりあえず下着を履いた尻がエロいです。俺の中では桂正和さんに続いて2位のエロい尻の描き手だと思います。


・絶対可憐チルドレン 11巻
ここ数年の椎名高志さんの漫画は短命に終わることが多かったので心配をしていましたが相変わらず安定して面白いです。
ただサンデーは無駄に連載を引っ張って糞つまらなくしてしまう事にかけては他の追随を許さないのでその辺だけが心配です。ドッグ夜叉とかバーローとか。
gdgdになる前にキレイに終わらせて欲しいなぁ。


・ドロップ 1・2巻
品川庄司の品川の方の小説を元にした漫画。
自伝的と言うけどどの辺まで真実なんだろう。元不良でピンク色の特攻服を着ていたのは知っていますが。
買った理由は本当にたまたまなのですが、読み始めてから作画が俺の大好きな漫画家である鈴木ダイさんだと気づきました。名義が鈴木大になっているとはいえ表紙で気づけよ俺…。
しかし最近ヤンキー漫画減ったなぁ。一部人気作はあるものの絶対数は昔に比べて格段に減りましたね。
マガジンの方向性の転換が大きい要因か?
とりあえず作中でヒロシ少年の好きなヤンキー漫画はHey!リキとWORST以外は俺も読みました。



最近はあまり漫画を購入していませんでしたが、今月末には一気に予定が詰まっています。
そんな中さらに新規開拓しようとしている俺の脳内。
増えていく漫画のせいで駆け巡る脳内物質…!
既に漫画の量を増やすことが快感になってきました。つまらない漫画はいりませんけどね。
PR
仕事も終わり飯と風呂を済ませて一息ついてPC起動。
スレの更新をチェックしたらゆうなまスレが異常に伸びていたので「これは!?まさか!?」
と思ったらやっぱり初体験版配布キテタ━━━(Д゚(○=(゚∀゚)=○)Д゚)━━━!!!

早速DLしてプレイしようとしたらファームウェアが3.71のままだったのアップデート。
アップデートもトレーニングも済んだので早速スタート!

ハシームやめて生まれたばかりのデスガジガジ殺さないでしょうたがトカゲおとこの巣を華麗にスルーしていくああ魔王が簀巻きに

気づいたら2時間経ってました。
3面しかない体験版なのに俺何回繰り返しプレイしてるんだww

全くの新規タイトルなので多少の不安はありましたが、そんなもの吹っ飛びました。
とりあえずニジリゴケもガジガジムシもトカゲおとこも凄く愛しい。

PSPを持っていてUSBケーブルがあるなら試してみるといいと思います。
http://store.playstation.com/store/product.vm?id=JP9000-NPJG90009_00-0000000000000001
明日は休みだけど用事があるので早く寝なくては。
と思いつつ撮り溜めしておいた電王がHDDを圧迫してきたので一気に最新まで見ました。
電王の話しかしないので興味のない人やネタバレが嫌な人は読まない方がいいかも。 





いや面白いなぁ電王。
新キャラとして侑斗が登場した時には
「響鬼のキリヤかよ…」
と落胆したものですが、それがまさかこんないいキャラになるとは。
役者を生かすも殺すも脚本次第ですねぇ。
靖子たんかわいいよ靖子たん

ていうか敏鬼はシャンゼリオンの件で未だに特撮に恨みがあるんじゃないか?
と思いたくなるくらいここ数年で敏鬼の関わったライダー関係は酷すぎると思います。
THE NEXTもアレらしいし…。そもそも風見志郎をトンボが演じる事自体不安が

( ゚д゚)ハッ!
電王の話だった。

それはそれとしてゼロノスのゼロフォーム。
てっきり赤い色は炎か何かかと思っていたら錆だったとは…。
既に現在の記憶だけじゃ足りなくて過去の記憶を消費しながら変身。
ゼロフォームに変わりながら錆付き失われていく愛理との記憶…。
今思い出してもジワっときます。
OPが男臭い「Climax Jump DEN-LINER form」だった事に騙されました。
侑斗はいいキャラだけど不遇なので最後には幸せになって欲しい。


ああ、そう言えば電王も残り数話かぁ。
始まったのが去年の1月末くらいだったからもう10回ないのか…。
最初に発表された電王のデザインを見た時にはどうかと思いましたが、実際見てみたら実にいい作品でした。
ただ心配なのはここ数年のライダーは着地を失敗することが多いんですよねぇ。
555しかり響鬼しかりカブトしかり。あ、剣の終わり方は好きです。
靖子たんなら大丈夫だと思いたいですが。

まぁとっくに予約はしてあるのですが。
PVを見て改めて予約してよかったなぁと思いました。





宇宙世紀に絞った事でよりマニアックな部分まで掘り下げることが出来たようですね。
GジェネポータブルではヅダだけだったIGLOOも全部出るようですし。
それにコクピットの描写が凝っているのが嬉しい。
援護をするユニットが外で動いているのが見えるのは臨場感があって実に燃えます。

ただ気になるのはセンチネルやコロ落ちのシナリオが無いらしいと言うこと。
らしいというか、既に公式HPでシナリオ対応作品の表示がないです。
センチネルやコロ落ちなんかはGジェネでもなければシナリオが出るなんて事ないのになぁ…。
コロ落ちはいつまで待ってもPS2版出ないし。
そろそろガンダム外伝の2作はPS2に移植してもいい頃だと思うんですよ。
色んな媒体でBD関係やWD関係が出たりしているのに、
ゲームそのものはサターンかドリキャスを持っていないとプレイ出来ないのはイタいです。

まぁそんな事よりも今はGジェネスピリッツが発売するまでに少しでも積みゲーを消化しなければいけないのですがね…。

設置して丸二日放置はさすがにどうかと思うので何か書きます。


最近見たもの


・装甲騎兵ボトムズ ペールゼンファイルズ 1巻
OVA「野望のルーツ」とテレビシリーズ本編の間の話。
とりあえず機械関係(ATや車両など)が全部CGなのが多少気になりました。
ただOPの途中や最初の渡河作戦中に出るローラーダッシュを見る限り、今後の描写によってはかなり化けそうです。
また渡河作戦で次々と鉄屑になっていくATはまさに鉄の棺桶。実にいい。
そして柳ジョージさんの歌うOP曲「鉄のララバイ」が非常にカッコイイです。これはむせる。
シングルCDが出るなら是非買いたいですが、今の所その予定はないそうで。サントラに収録かな?
しかしなんと言っても第2話次回予告。当然銀河万丈さん。

「言うなれば運命共同体。
互いに頼り。互いにかばい合い。互いに助け合う。
1人が5人のために。5人が1人のために。だからこそ戦場で生きられる。
嘘を言うな!
猜疑に歪んだ暗い瞳がせせら笑う。
お前も!お前も!お前も!
俺の為に死ね!

次回「分隊」
こいつらは何の為に集められたか。」

なんというむせる次回予告。これで次巻からも見続けようと誓いました。



最近気になるもの


・勇者のくせになまいきだ。
12月に出るPSPソフト。天誅や忍道を作ったアクワイアの新作です。
主人公はダンジョンを掘る破壊神で、モンスターを駆使してダンジョンにくる勇者から魔王を守るのが目的です。
最近PSPが元気なのがいいですね。
いいいソフトがどんどん出るし、もうソニーはPS3切り捨ててPSP一本で行けばいいと思います。
とりあえず惹かれた一番の理由はPVの途中にチラっと出てきたSTAGE1のタイトル
「ぼくに このてを よごせというのか」
まさかタクティクスオウガが出るとはww
また魔王も「私が教えられることはもうありません。あとはまとめwikiでも見てください」
とか言ったりで何とも俺好みな空気が漂います。
時期的にGジェネレーションスピリッツをプレイしている最中になるのが気にはなりますが、
こういったソフトが今後も出て欲しいのでとりあえず買おうとは思います。


・スーパーロボット大戦 スクランブルコマンダー2nd
前作がびっくりするほどのクソゲーだったのに続編が出たことに驚愕。
ただ評判を見る限り色々改善されたりしているらしく結構面白いそうです。
しかし買っても積みゲーが増えるだけなのでスルーしました。
新規参戦の3作は好きじゃないか見ていないし。
とりあえず安くなった頃に買ってみてもいいかなとは思います。
ところで近所のワンダーGOOではスクコマ2と一緒に1の中古が並べられているのですが、
値段が380円とどう控えめに見てもクソゲーにしかつかない値段。
逆に売れないんじゃないか…?



とまぁこんな感じでゲームや漫画やアニメについて思った事なんかを適当に書いていこうと思います。
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
リンク
最新コメント
[11/13 余天龍]
[11/11 九鬼 零影]
[11/08 余天龍]
[11/07 翠芽]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
余天龍
性別:
男性
職業:
販売業
趣味:
漫画・ゲーム
自己紹介:
漫画・ゲームを中心にだらだらと駄文を書きなぐるだけの日記



ちなみに余天龍の読み方はユイ・ティエンロン
昔やってたROの1stキャラ名です
由来は伝説のB級映画「片腕ドラゴン」の主人公
バーコード
ブログ内検索
アーカイブ
アクセス解析
忍者ブログ [PR]